2018年04月27日

子どもの未来を育む会設立趣意書

日本の社会は、本格的な人口オーナス(減少)期に突入し、私たちが住む下妻市も日本の地域別将来推計人口によると減少傾向と推定されています。
また、子どもたちも少子化、人工知能(AI)開発、貧困、国際化など様々時代の変化の中にいます。
このような社会の変化に対応できる人財を育むことを人や社会に任せきりにせず、私たちの力で一人でも多く輩出し、下妻市について考え行動できる人財を育むことを目的としてこの会を設立しようとするものです。
具体的には、親子や身近な大人と子どもが一緒に社会のことがわかりやすく書かれている子ども向けの新聞を一緒に読むことで、大人と子ども両側面から社会に関心を持つきっかけを作り、知的好奇心を高め、やがて自ら考え行動できる人財育成を目的としています。
活動の主体は、新聞を読むことですが、目的を達成するために必要だと判断された場合は、それ以外の活動も順次行っていきます。
2018年4月吉日
設立者一同  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


Posted by 子どもの未来を育む会 at 00:00Comments(0)子どもの未来を育む会設立趣意書