QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子どもの未来を育む会
子どもの未来を育む会
親子や身近な大人と子どもが一緒に社会のことがわかりやすく書かれている子ども向けの新聞を一緒に読むことで、大人と子ども両側面から社会に関心を持つきっかけを作り、知的好奇心を高め、やがて自ら考え行動できる人財育成を目的としています。
活動の主体は、新聞を読むことですが、目的を達成するために必要だと判断された場合は、それ以外の活動も順次行っていきます。
よろしくお願いいたします。

2018年10月03日

【子ども新聞読んでるよ 円グラフ】


10/3付け毎日小学生新聞

息子から、
「お母さん、運動会って、秋より春開催の小学校の方が多いんだって!」
と驚きの発見を教えてくれました。

記事は、運動会について書かれている見開き記事の中に、
「運動会開催は春?秋?」という円グラフが表示されていました。
円グラフって、パッと見てどちらが多いか面積でわかるし、目につきやすかったんだと思います。
また、下妻市は市内全域で秋開催なので、春開催が多いというのは意外だったんだと思います。


息子はまだ円グラフを学校で習っていません。
新聞を通じた学校とは違った学び。
今朝は、円グラフを読む。算数でした。
全然難しくないですけどね。
算数が物事を理解する役に立つツールと体感できたのではないでしょうか?

また、自分は運動会は、秋開催が当たり前だと思っていた。というのは、
自分がすべて、自分が中心だと思っている子どもにとって違った視点、価値観を与えるきっかけになってよいと思いました。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Posted by 子どもの未来を育む会 at 23:07Comments(0)子どもも新聞読んでるよ

2018年10月03日

【子ども新聞と一般紙の橋渡し的な読み方】


今朝、息子より
「お母さん、大阪から逃げた容疑者山口で逮捕だってよ~」と声をかけられ一緒に読みました。
「一般紙に、日本横断中。っていう写真が載ってたからこっちも見て~」と薦めました。
一般紙と子ども新聞を両方読みました。

子ども新聞を読み、いつかは一般新聞が読めるようになってほしいですね。
こういう橋渡し的な読み方もオススメです。

そこから、先日の台風の茨城の被害情報の記事が茨城新聞の一般紙にありましたので、一般紙を発展して読みました。
トラックの荷台で積荷作業をしていた人があばら骨を折るけがをした記事がありました。
「あばら骨ってなに?」と低学年の娘の質問があったので、「人のかだら」図鑑で説明しました。

そのあとは、あばら骨以外も色々読んでいました。
発展ですね。新聞のなぜ?なに?から知識の広がりがある時もあります。

使用した新聞
10/2付け 毎日小学生新聞
10/2付け 茨城新聞
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Posted by 子どもの未来を育む会 at 00:11Comments(0)子どもも新聞読んでるよ