QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子どもの未来を育む会
子どもの未来を育む会
親子や身近な大人と子どもが一緒に社会のことがわかりやすく書かれている子ども向けの新聞を一緒に読むことで、大人と子ども両側面から社会に関心を持つきっかけを作り、知的好奇心を高め、やがて自ら考え行動できる人財育成を目的としています。
活動の主体は、新聞を読むことですが、目的を達成するために必要だと判断された場合は、それ以外の活動も順次行っていきます。
よろしくお願いいたします。

2018年10月17日

【考える力が育っていますか?】


自慢話とは思わないで聞いて頂けるとありがたいです。

息子のエピソードです。
学校の2者面談で担任の先生からお聞きして
「自分の意見や考えをもってきちんと伝えられる子に育ってますね。」と褒められたお話しです。

クラスで、カルタを作ろうという話になって、
大きな絵札にしようか小さな絵札にしようか?という多数決をとったそうです。

どちらがどっちだったか先生は忘れてしまったそうですが、(息子も記憶にないって)
22人対1人 
という結果だったそうです。

1人が息子だったそうです。

そこで先生が、なぜですか?と聞いたら、誰も理由が答えられなかったそうです。

うちの息子だけが、なぜそっちの方がいいのか。説明をしたら、みんな何となく息子意見の方がいいかな。と思って
22対1が逆転になって息子の意見採用というエピソードを教えていただきました。

////////////////////////////////////////////////
いや~!息子素晴らしい。って思いますけど、
22人の子。自分が選んだ意見になんでそっちを選んだのか理由が言えないっていうことがわかりますか?

学校ではそういうこと育てるのって難しいです。

自分の子だけ良ければいいと私は思いません。

みんなで賢い子を育て世の中を良くしていきたいという志を持って活動をしています。

よく事件なので「そういうつもりはなかった。」とか
「こうなるとは思ってなかった。」なんて理由ききますね。
そういう社会の仕組みなんです。

私は、そういう子にはなってほしくないと思って自分の子を育ててます。

皆さんのお子さんは、22人の方でしょうか?1人の方にいますか?

22人の方であったら、私と一緒に親子で新聞を読みませんか?
1人の方にいますから!という方は来てもあまり価値はないかもしれません。
着ていただかなくて大丈夫です。

来てくださった親子には、私が子どもの伝えたことをお伝えすることが出来ます。

今なら無料お試し期間です。

実は今後有料にして行く方向なんです。

お待ちしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Posted by 子どもの未来を育む会 at 23:41│Comments(0)
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。